水のトラブルとなる水道管の凍結が起こる条件と対処法

水道管の凍結にご用心!自宅に起こりやすい水のトラブル 水道管の凍結にご用心!自宅に起こりやすい水のトラブル

冬場に起こる水のトラブルは「水道管」によるものが多い

冬場には、給湯器トイレキッチンなど住宅の水道管による水のトラブルが多く発生しがちです。水道管が使い物にならなくなるほどのトラブルには、どう対処したらよいか紹介します。

水道管が凍結に関する疑問

水道管が凍結するとどうなりますか?
冬場におきる水のトラブルの代表格が、水道管の凍結です。放っておくと、水道管の破裂や破損につながる恐れもあります。そんなことになれば、修理するまで自由に水を使えなくなるでしょう。水道管の凍結が起こりやすいのは、気温がマイナス4度を下るときです。その際に、焦って蛇口をひねったりすると、さらなるトラブルを招きかねません。屋外に水道管がある場合は、注意しておきましょう。
水道管が凍結する条件ってあるんですか?
水道管が凍結しやすい条件は、3つあります。1つめは、気温がマイナス4度以下になってしまうことです。2つめは、北側など日の当たらない場所で水道管がむき出しになっていること。3つめは、風が吹き込みやすい場所に水道管があることです。水のトラブルを引き起こさないためにも、冬場は十分に注意しておきましょう。

凍結してしまった水道管の対処法【水のトラブルを自分で解決する方法】

使い捨てカイロを貼る
水道管が凍結してしまったら、便利に活用できるグッズがあります。それは、使い捨てカイロです。使い捨てカイロを水道管や蛇口部分に貼っておけば、安定した温度で凍結部分を解凍してくれます。水のトラブルが起こったときのために、常備しておくとよいでしょう。
ドライヤーで溶かす
室内で起きる水のトラブルの場合は、水道管や蛇口にドライヤーの温風を当ててみる方法も効果的です。凍結した水道管や蛇口は、とにかく温めて解凍することが先決。コンセントがつながりやすい位置に水道管や蛇口がある場合は、試してみてください。

水道管が凍結した際にしてはいけないこと

自宅の水道管が凍結してしまったとき、絶対にしてはいけないのはすぐに蛇口をひねってしまうことです。なぜかというと、蛇口内部の凍結したパッキンを破損してしまう可能性があり、危険だからです。そのため、水のトラブルには慌てず、まずは凍結部を温めることを忘れないようにしましょう。

水のトラブルを解決してくれるプロ

こんな時はすぐに連絡しよう

凍結した水道管が破裂した(40代/女性)

水道管が凍結して、キッチン下の配管が破裂してしまいました。下手にいじると余計に大変な水のトラブルになるかと思い、水のトラブルの専門業者に依頼することにしました。すぐに連絡したら、何もいじらずに待っているようにとのことで、ほどなく来訪を受けて解決してもらいました。水が全く使えなくなると、生活することができなくなります。知識もないのに自分で対応していたら状態が悪化していたかもしれません。業者に依頼してよかったです。

水のトラブルのプロが教える!冬場の凍結対策

凍結させないために水道管の水を抜いておきましょう(30代/男性)

冬場は水道管が凍結しやすいため、事前に予防対策をしておきたいものです。水道管の凍結を予防するには、水道栓を操作して水を抜いておく方法があります。ハンドル式と電動式があり、設置場所も室内と室外に分かれます。ですので、水道栓の操作方法がわからないときは、水のトラブルの専門業者に相談してみると適切なアドバイスをもらえるでしょう。

TOPボタン