雪の影響で起こる給湯器のトラブル

水道管の凍結にご用心!自宅に起こりやすい水のトラブル 水道管の凍結にご用心!自宅に起こりやすい水のトラブル

冬場に起こる水のトラブル~給湯器~

冬場の水のトラブルには、給湯器の故障などもあります。寒い冬に、温かいお湯が使えなくなるのは辛いもの。予防や対応策を知っておきましょう。

雪によって給湯器が故障する

雪が吸気口や排気口を防ぐことで故障の原因になります(50代/男性)

降雪時に、給湯器に雪が降り積もってしまうことがありますが、その雪によって給気口や排気口が塞がれてしまうことがあります。その状態で使おうとすると、不完全燃焼や異常着火などのトラブルが起こってしまうことも…。普段は雪があまり降らない地域でも油断は禁物です。屋根に積もった雪が落ちてきて、給湯器に積もってしまうこともあります。大きな水のトラブルにつながらないように、給湯器に雪が降り積もっていないことを確認してから使用してください。

雪があまり降らない地域でも注意が必要です(30代/女性)

冬場の水のトラブルなど無縁と思いがちの非降雪地域では、大雪が降ったときに要注意です。給湯器周辺に雪が降り積もり、雪をどけないままに使用して故障を招くことがあるのです。また、給湯器の修理にはお金がかかります。そのため、急な出費を避けるためにも自己流で解決しようとせずに、水のトラブルの専門業者に早めに相談するようにしましょう。特に学生は修理費を出すのも大きな痛手になるので、故障しないように普段から注意しておきましょう。

冬場に発生しやすい給湯器のトラブル

お湯の温度が上がらない
冬の寒い日に、給湯器を熱々の温度に設定したのに、思ったほど温かくないという体験をしたことがある方もいると思います。原因としては、水量が給湯器のキャパシティを超えてしまっていることが挙げられます。水温が低い季節にはよく起こることですから、水量を絞ったり、温度調整ハンドルの設定を変えたりすることで水のトラブルの対策ができます。また、給湯器の故障の場合は、メーカーに相談しましょう。
正月休みで地元に帰省したら・・・
水のトラブルの中でも、給湯器の水漏れはかなり起こりやすいもの。中でも多い原因が、長期間使用していなかったために、水抜き栓から水漏れすることです。ですので、旅行や帰省などで給湯器を長期間使用しなかったときは、まずお湯を出してみてください。また、給湯器内部で水が凍結している場合は、専門業者に相談してみたほうがよいでしょう。
TOPボタン