ウォシュレットに見られる水のトラブルの原因と対処

水道管の凍結にご用心!自宅に起こりやすい水のトラブル 水道管の凍結にご用心!自宅に起こりやすい水のトラブル

冬場に起こる水のトラブル~トイレ(ウォシュレット)

トイレ

ウォッシュトイレを設置する家庭が増えましたが、冬場はウォッシュトイレの故障が多いのです。冬場に起きるトイレでの水のトラブルについて、対処法を覚えておきましょう。

冬場に故障が多いウォシュレットトイレ【原因別の対処法】

水しか出ない場合
冬場のウォシュレットトイレで、温水が出ない水のトラブルは困ります。また、いきなり冷たい水が出てきたら、ビックリしてしまうでしょう。ウォッシュトイレで水しか出てこない場合は、2つの可能性が考えられます。1つは、温水の温度設定が低いか切られていること。もう1つは、タイマー節電に設定されていることです。不明な原因は、専門業者への相談が便利です。
本体から水漏れしている場合
冬場の凍結が、ウォシュレットトイレの水漏れを招くことがあります。水漏れする恐れのある箇所は、ノズル、温水タンク、操作パネルです。最も起こりやすいのが、ノズル本体から水漏れすること。バルブユニットによって動いているノズルの水漏れを解消するためには、バルブユニットを交換するのが最善です。ところが、バルブユニットの交換にあたっては、ウォシュレットトイレの本体を分解するような作業が必要になります。このため、ノズルの水漏れを発見したら、水のトラブルの専門業者に相談するのが賢明です。温水タンクの水漏れの場合は、タンクのフタに付いているパッキンが原因となっている可能性があります。操作パネルの水漏れも、パッキンが原因なのか、電磁系が原因なのか、専門業者に見てもらったほうがよいでしょう。
便座が温まらない場合
ウォシュレットトイレの水のトラブルには、便座が温まらない可能性もあります。原因は、節電設定が入っているか、便座の温度設定にあるかもしれません。また、着座センターが汚れていたり、便座に長く座り過ぎていたりすることも、便座の温度に関係してきます。繊細な機能が搭載された便座のこと、専門業者に相談してみるのが解決への糸口です。

交換が必要なこともある

ウォシュレットトイレの不調は、部品などの交換が必要なこともあります。メーカーに連絡をすると、水のトラブルの専門業者に依頼をするようにすすめられることもあります。  

TOPボタン